歯磨き(ブラッシング)のサービスを開始しました

2013年3月1日

2013.3月1日より全店舗で
トリミング(シャンプーカット)のときに(リーバスリー)という歯石を柔らかくしてくれる液体を使用しての
『歯磨きブラッシング』のサービスを開始いたしました。
 

※歯磨きを嫌がる子は出来ないこともございます※

★歯磨きブラッシング(液体ハミガキ込み)小型犬¥525~

★リーバスリー(液体ハミガキ)スプレーのみ『ブラッシングが苦手な場合推奨』小型犬¥315~

トリミングをしていると、口の中のにトラブルを抱えているワンちゃんを沢山見かけます
3歳以上の犬の80%以上が歯石のトラブルを抱え、さらに4歳以上の約10%が重度の歯周病に罹っているとのデータもございます。
それは犬の口の中がアルカリ性のため人間よりも歯垢が歯石に変わるスピードが約8倍も速いためです。
昔から(犬は虫歯になりにくい)と申しますが、歯石が付くスピードが速いため、人よりも【歯周病】になりやすいのです

【歯周病のしくみ】

食べかすが歯垢になります ⇒ 唾液の中に含まれるカルシウムが沈着して歯石になる ⇒ 放置すると歯肉炎に ⇒ 
⇒ 歯肉から歯がはがれて、歯と歯の間に溝が出来る ⇒ そこに歯石がたまる ⇒ 奥の方まで炎症が進み、最終的に歯の土台になってる骨まで浸食
⇒ 歯が抜け落ちる。重度になるとアゴの骨まで歯周病菌が浸食

【歯周病は歯だけの病気じゃないんです】

◎心臓病をはじめ、肝臓病、腎臓病などの多くに歯周病が関係しています◎
歯垢には体によくない細菌が繁殖しています。それを唾液や食事と一緒に飲み込まれています。
歯周病が進行するということは、口の中で菌を作って、それを飲み込んでいるようなものなのです。
小型犬に心臓病が多いのは、小型犬には歯と歯の間隔が狭く、歯石がたまりやすいからと言われています。
 

【ハッピーわんの思い】
ハミガキというのは、皆さんはもちろんご存じのように、人間の場合ほぼ毎日のように行います。つまり習慣であるということは、短いスパンで継続していかないといけないことです。
でも、なかなかワンちゃんの歯磨き!となると難しいとお考えの方も多いと思います
またハミガキを継続的にされているお客様は、まだまだ一握りであると感じています。
そこでまずは当店が飼い主さんに変わってお手伝いが出来たら、それによって少しでも状態がよくなればと、少しでも健康になるお手伝いが出来れば、そしてこれがキッカケになれば。
との思いで、歯磨きサービスを開始させて頂きました。

そして、やはり歯磨きは定期的にされるのが一番です。
お家でもハミガキをすることによって、犬が(楽しい!)とか(歯磨きしたらオヤツがもらえる!)などの、
こんな風にすればいいですよ~といったアドバイスも行いながら、
まずは、そのきっかけとして美容に来ていただいたときに、ブラッシングをすることによって慣れて行ってもらえればと思います。

デンタルケアは飼い主さんがしてあげられる病気予防です。
まずはそのお手伝いが出来れば。そしてこれがキッカケになればよいと思います。

【リーバスリーについて】
ブラッシングが難しい子の場合は、毎日2回スプレーをして歯石を柔らかくし取り除く『リーバースリー』がございます。
4~6週間ほど継続して頂くと、改善が見られ始めます。
ただしこちらも、継続して使用して頂くことが大事です。

★歯に直接スプレーする必要はありません。ペットの口腔内にリーバスリーをスプレーしてください
★使用前後の30分は食事や水を与えないでください
★1日2回。4~6週間で改善が見られますが、全ての歯が綺麗になるまでは続けてください
★重度の歯周病は治療が必要です。速やかに診察してもらってください

29.6ml / ¥8,500(約4か月分)
 

 

 

Comments are closed.

Copyright © HAPPY WAN . All Rights Reserved.
Top